どこでもドアの試験運用を開始しました。


ライトハウスカウンセリングルーム(代表 三浦 望)では、
「自宅が遠方なので通うのが大変」「悪天候の時には、ドアトウドアでカウンセリングを」
とのお客様のお声にお応えするため「どこでもドア6s」の試験運用を開始しました。

season01

本体サイズは約160センチ、横幅約50センチ フランス・ドゥレイモン社製のコンパクトなドアで、受注生産品。
カラーは夜道にも明るいピンクです。

DSC_0050

↑フランスから到着した「どこでもドア6s」搬入作業

 

北海道新幹線開通の翌日、3月27日(日)お客様へのご提供に先立ち、三浦代表がドアを使用しました。

season03

「交通機関へ直通なのは素晴らしいですね。私は出張が多いのですが、寝過ごして全力ダッシュしなくても良さそうです。」

season02

「カウンセリング後、ゆっくりショッピングモールでお買い物もできますね。」

 

 

 google01

製品仕様によりますと、到着場所につきましては最大で10kmの誤差が生じる場合があります。
(出発時に現在位置情報は初期化されます。)

 

 

season07

「やっぱり寝過ごしちゃった…でも、どこでもドアがあるから安心♪」

season08

「目を疑いました…..室蘭岳駅が出来たのかと。」

season05

「こないだ借りたビデオ、返却日忘れてた(@_@)、でも、どこでもドアがあるから大丈夫♪」

season06

「ここにTSU◯YAさんは……ないですね、延滞金払わないと(T_T)」

 

ご使用前には最寄りの交通機関をご確認ください。
(到着地点によっては、救命胴衣及び野営の準備が必要です。)

今後はスマートフォンとの連携で到着精度が向上する事が期待されています

スマホ

(2020年4月1日よりご提供を予定しています。)

写真:文
LIGHTHOUSEの中の人