子育てに苦しみ、辿りついた「本当の自分」 N様・室蘭市・女性30代

カウンセリングを卒業したクライアント様から、体験談をいただきました。
子育てに苦しみ、ライトハウスへ辿りついたN様。

カウセリング以前と今の自分の違いを、じっくり消化して文章にしてくださっています。
今現在、子育てに苦しんでいるお母さんたちへのメッセージ、どうぞお読み下さい。

子育ての辛さの真の原因は、自身の母娘関係にあった

20150331カウンセリングを受ける前の私は子育てに苦しんでいました。

子どもに対して抑えきれない感情・・・、苛立ちがありました。
そしてそんな自分を責め続けていました。

数ヶ月のカウンセリングによって気付いたことは、子育ての辛さの原因は親、特に母と私の関係にあったということです。

幼い頃から母や家族の機嫌を取ることが私の人生でした。機嫌を取れたら嬉しかった。
出来ないなんてあり得ない。生きる術。

愛してもらえない、そう思い込んで生き続けていました。

だから子どもの不機嫌は私を苦しめました。
だって、子どもの機嫌を取れない母親の私はダメだよね?失格でしょ?
子どもの不機嫌=ダメなお母さんって子どもに責められ続けてる気がしていました。
周りの人間からも「母なのに子どもの感情をコントロール出来ないのか」と、責められている気がしていました。

また一方で家族に対し「私の機嫌を取れ!イライラしてるんだぞ!」ってなっていました。
機嫌は自分で直すものだ、という環境で育ってこなかった私にはその生き方しかわかりませんでした。

愛されるために身に着けた鎧を脱ぎ捨て、本当の自分に

数ヶ月間のカウンセリングは、今まで身にまとった生き方を壊し、そして私自身を育て直す作業だったと思います。

カウンセリングの途中は、完璧な人間になる!と思っていました。
でも卒業して分かったことは、素の自分に出会うことだった、ということです。
生き抜くために身につけた鎧を脱ぎさり、本当の自分に^ ^

20150331-2今、私は私を生きてます。
カウンセリングを通して心が親から解き放たれ、やっと大人の私になりました。
私が感じて考えて・・・やりたいことやってます。

そして、肝心の子育て!
子どもはそのままですけどね、私が変わったからかなり楽になりました。
お母さんであることを幸せに思ってます。
子どもが泣いたりぐずったりするのはダメな母だ!と責められてると思ってたあの頃とは180度違います。
私を信頼してくれて思いっきり甘えてくれてる、そう思えるんです。
ま、100%毎回ってわけではないですけど^ ^

最後に、望さん。8カ月間ありがとうございました。

望さんのもとでたくさんの方が幸せになること願ってます。
また何かありましたら宜しくお願いします

関連記事:『自立』の瞬間